2017-06

休日の過ごし方

「私はこの機材(device)で、言語(spell)を駆使(drive)して、
この情報の海を自由に徘徊する術者(wizard)」

……こんにちは。wizardと名乗るからにはMZ-b.がナレーションしなくては
いけないですね。(余談:wizardは男性名詞。女性名詞はwitchですね。)
本日は、久々のお休みだったので現実世界からちょっと離れてみようかと……
……心の静養ですね。。。

私の術者レベルは、熟達した(master)と云うレベルでは無いですが、
並みの人よりは、少しは”まし”だと云った感じ……かな?
機材(device)の扱いも、そして、古くから情報伝達に触れる機会は
ありましたので……
(JunetやTeleStar等の小規模ネットワークの時代からやっていましたから。)

全く知らない人より、術が使えると云う事は、それをどのように行使して
いくかが重要な鍵(key)となるわけです。
正の方向に使えば、それは幸福を齎すし、負の方向に使えば災いが発生する……
……大げさな事では無いですよ。人のパソコンを、私のツールを使って修復
することも出来れば、ウィルスメールでHDDを破壊する事も出来るのですから……

よく、「機材(hardware device)を作る人と、使用する術者(wizard)の力関係」
と云う話を聞きますが、私的には『健全な精神に健全な魂は宿る』的なものでは
ないかと考えます。
例えば、同じパソコンを使ってる人でも、色々な機材(device)の組み合わせ、
言語(spell)の組み合わせ、術者(wizard)レベル(これは使用ツールの知識と
云う意味ね。)によって全く違う動きをしますもの……
自分の力量が適切であり、使用ツールが相応の物であり、
そして機材が的確であれば、最大の力……自分の最大限以上の力を発揮する
”武器(Tool)”になれると思います。

……さて、前置きはこの辺で、過日、大阪にお仕事で行った帰りに
日本橋寄って来ました。何か良い物が無いかと散策したのですが。。。

同人ゲームに関しては、るささんの言われている通り、
東方花映塚(とうほうかえいづか)』しか置いて無いし……
(個人的には『東方永夜抄(とうほうえいやしょう)』のほうが
好きなのですが……やっぱり背景は黒か、もしくは暗い方が見易いとか、
音楽が何となく好きとか色々ありますが。。。)何処かに無いかなぁ。。。

AIRRADE-AIR-』に関しては、『AIRRADE』持ってるので、
強いては要らなかったし。。。

……で、本の物色。。。
発刊して、ちょっと期間経ってますけど、まず、間違い無さそうな2冊をチョイス。
……私的には、やっぱり、パソコンで物語やるより、
活字の本を読みたいのですよ。。。元々、古い人間ですしね。。。
『Re-BornRe-Birth01』『小説・英雄伝説Ⅲ白き魔女』

まず1冊目。
シェアード・ワールド・ノベルズ『リボーンリバース-ゴースト・コンタクト-
角川スニーカー文庫 2005/10/25発行 2005/11/01初版 287p ¥580(税込)

カンの良い方なら解るかもしれませんが、妖魔夜行・百鬼夜翔の流れを汲む
”シェアード・ワールド・ノベルズ”です。

百鬼夜翔-霧が開く黎明』(Amazon商品リンク)の時にも少し書きましたが、
この「霧が開く黎明」で、百鬼夜翔シリーズは終わり、妖魔夜行・百鬼夜翔共
シリーズ完結と云うあとがきでした。15年もの長期的な物語にピリオドを打ち、
全く別の小説と云う事で、かなり不安だったのですが……
……良い意味に裏切られました。

人によっては、かなり酷評をしている様ですが、それは物語の表面を追っている
からではないかな、と。
確かに設定は不完全ですし、重箱の隅をつつく人には、物語の整合性とか、
とやかく言うと思います。
(元々、シェアード・ワールドなのですから、ある程度の整合性の無さは目を
つぶって読まないと……この小説はT-RPG用に作られたと考えるなら、
自分でシナリオを脚色する位の広げ方をしないと……)
しかしながら、根底にある”幹”は、妖魔夜行・百鬼夜翔と全く変わらない、、、
いいえ、さらに強くなっています。

妖魔・百鬼・リボーンで、お互い共通する事は、『人で無いモノ』が存在
しているのですが、全て、人の”想い”から現れているモノ……って事かしら?

百鬼夜翔の感想でも少し書きましたが、人の想いから生まれたものだからこそ、
暖かいモノも生まれるし、そして寒い残虐なモノも生まれる……
人が一番弱く、そして一番強い生き物なのではないかな。。。と。

今回のリボーンリバースは、その”人”と云う物に、かなり色濃く
ターゲットを当てている気がします。
バックボーンは既に「妖魔・百鬼」を読んだ人なら解ってる筈ですから、
設定とか細かい根底思想は省けますしね。

……で、本について書くとネタバレになるので、私の所感を……
(と、いいますか、所感を述べる方が意識が固定されるので
危険と云う話は置いておいて(汗;)

……このBlogページ最初に長々と書きましたオープニングが全て物語っています。
術者(wizard)・機材(device)・言語(spell)、確かにそれがあれば何でも出来ます。
……ただ、”心”って何処にあるの?
それをどのように行使していくかが重要な鍵(key)ではないかな、と。
元々、ヒトだって、炭水化合物の器(ハードウェア)と考えると、
それだけでクローンでも作れるの?
SF世界では、生物の生きている目的の一つである
”種の継承(DNAの橋渡し)”を、コンピュータやネットワークに情報として
保存すると云う話もよくありますが、”心”まで承継出来るのかな、、、と。
……そもそも、”心”って、何処にあるの?
(この作中でも胸やこめかみを指しては居ますね-ちょっとしたギャグも入って
たりしますが(笑)……まぁ、プロポーションは良いと書いてあったしね(謎))
-第一話『そこに彼女は立っている』

問題は、「漠然と生かされている」ではなくて「どのように生きる」事かしら……
無為な人生と云うのは無いとは思うけど、、、私は、もっと色々な事をして、
色々な事が知りたい……かな。

妖魔夜行、百鬼夜翔と続いたシェアワールド、
今回は、がらりと場面は変わって居りますが、読み応えは、ばっちりです。

追伸:最初、リボーンリバースと聞いた時には、「何かが戻るの?」なんて
考えてましたけど、「REBORNREBIRTH」なのね。。。
ん?わかりませんか?
「Re-Born Re-Birth」ですよ。
Re-は”再び”と云う冠詞、BornもBirthも”生まれる・再生する”と云う意味。
……なるほど。。。
妖怪だろうとユウレイ(not幽霊)だろうと、生れ出ずるもの全てを指す言葉……
……ですか。。。
妖魔・百鬼と違い、ずいぶん広義的なタイトルですね。。。
此処から考えても、テーマが妖魔・百鬼を踏襲しつつ、大きな展開を経ていると
解りますね。

2冊目はこちら……
小説『英雄伝説Ⅲ 白き魔女』宙出版
2005/08/08初版第1刷 271p ¥788(税込)

(Amazon商品リンクには、3巻とか書いてありますけど、英雄伝説Ⅲであり、
3巻出てる訳では無いです(汗;))

こちらは『VIDEOGAME BATON』でも書きましたが、私の思い入れのある
ファルコムのゲームのノベライズです。

ゲームはシナリオゲームでは無く、ファンタジーRPG。
数々の名作を生み出しているファルコムさんの、
晩年特に輝いていた製品ではないかしら。。。

ゲーム本編も良かったですが、このゲームのドラマCDも
ゲーム本編を踏襲しつつ、『最終章:イザベルの章』等は、ドラマCDの特色
(場面を伝えるのは音のみ)と云う効果を奇麗に使い、アレンジを加えて居て
聞き応えのある作品でした。
>『英雄伝説Ⅲ-白き魔女-』・『英雄伝説Ⅲ-白き魔女-完結編

小説のほうは、最終章を立ち読みしたのですが(笑)、
奇麗に纏めている様子なので買って来ました。
実は、ゲームでの最終章、ちょっと説明不足の感があって、
その辺を良く知って居るのか、
ドラマCDやノベライズは上手く描き込んであるなぁ、と思います。
これ以上はネタバレになるので、
詳しくは書けませんが、最初の、冒険の始まりから終りまで、
ある人物(故人)が関わって来るのですが、
その人の関わりが色濃く描き込まれて居るのが、
ドラマCDであり、ノベライズだと思います。

……これはまだ未読なので、何か心に残った物があれば、又書き込むかも。。。

今日は、ついでに、知人から頂いて居ました『魔法少女リリカルなのはA's』も
第7話まで続けて見てしまいました。
……1週間に1話より、続けて7話迄見た方が圧倒的なボリューム感ですね(笑)
これも、多少こじつけになるかもしれませんが、このページ最初に書きました
オープニングと被る所があるかも……
術が使えると云う利点に対しての責任。自分の力量が適切であり、
使用ツールが相応の物であり、そして機材が的確であれば、力を発揮する……

ただ、この物語で興味があるのが、勧善懲悪と云う話では無いのですよね。
リボーンリバースに関しては、暴走したユウレイ等は封印してしまったり、
消滅させていましたけど、なのはA'sに関しては(今のところ)完全悪と
云うキャラクターは出て来て無いみたい……
それぞれのキャラクターが、それぞれの目的と強い意志・方向性を持って
行動しているから性質が悪いと言いますか……
それと、”どうすることも出来ない-抗えない運命-”と云った物も……

でも、そういう事って、現実でもよくありますよね。
自分では最善策が見つからなくて、がむしゃらに突っ走る事って……
……若いって良いですよねぇ。。。(ぇ。
しかし、これに関しては歳を重ねる毎に感じる事ではないかな。
何か護るものが出来ると、それを成し遂げる為に自分を犠牲にするとか……
その結果が正解であるとしても、間違っているとしても。
ただ、その時の価値基準は”自分の良心”……やっぱり心ではないかと……

こちらは、これからどのような展開になるのでしょうか……
(たぶん、1クールは13話ですか?>詳しいお方)

Today Music:(Tr.03)op14.「the robber -M.T.R.-」
AbogadoPowers SoundCollection -Insanity-』より

今回のタイトル『休日の過ごし方』は、『終末の過ごし方』(AbogadoPowers)を
もじって付けています。
VIDEOGAME BATONでも書いて居ますが、『終末の過ごし方』も、ゆったりとした
空気と音楽と絵が流れる良い作品です。
今回の音楽は視聴出来ない物なのですが、このゆったりとした空気の中、
急展開・緊張・緊迫したムードの中で流れる音楽です。
…ゆったりとした空気があるからこそ、緊迫した空気が痛く感じられる…
そんな感じの音楽です。
関連記事

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

コメント

心の問題は難しいですね

「熱い物は危険だ」と認識して初めて温度という概念が出来るわけですし
基本的に人間が定義出来ない物は、存在しないと思います
実際には存在はしていても、です
(実際に~の方の存在を認識する一人称は誰だろう・・・)
寧ろ、人間が感じる事の出来ない事象を
定義する事も出来ないし意味も無いですしね
定義して再現しても再現したと認識出来ませんし

心は人間が解明は出来ていませんが、認識している物ですし
解析し、数値化する事も不可能ではないかもしれません
相当量カオスが生じるでしょうが
実際に、天気予報だって
過去のデータから最も確立の高い結果を出しているだけで
予知しているわけではありませんが
それを知らない人も多いですし、知っていても日常認識しません

例えば、99.9%人間と同じ思考をするAIが創れるようになったとして
そのAIがネットゲームやチャット等で会話に混ざれば
既に人は、そのAIを人と認識するのではないでしょうか
後から、「実はるささんは超高性能AIなんだよ」って教えられたら
その時に「るさ」は「人にとって」、AIに「なる」わけで・・・
寧ろ、体という有機物の器を創るより
ココロと言う概念を創る方が優しいかもしれない
100%人間の思考を再現できなくても
人間が再現できたと認識する再現度であれば
あとは・・・倫理の問題だと思います
現在の「生物」の定義を考えると、それを認めるのは難しいですけどね

ただ、そういった考え方をするのは「冷たい」と評されますし
存在は認識できるが定義出来ない物、と流していいのかもしれません
科学者はそういった存在を認めるわけにはいかないでしょうけど
全ての科学の放棄に繋がりかねませんし・・・

心つながりで、良心は、
感性の相違度に関する他人の評価、とも考えられますね
私にとって良い事が他人にとって良い事とは限りませんし
自分が正しいと定義する事を、同じく正しいと定義する人
そういう人にたいし、良心のある人、という評価を下す

一つ言える事は、自分の存在が脅かされるような未来を悪い事象と定義し
避ける事が出来ないのは、若いと定義していいでしょうし
上記のような考え方を平気で発言出来る私は
相当幼いと定義していいですね

シュレーディンガーの猫

こんばんわ、このような難解な文章に長文のお返事が来るとは
思いませんでしたわ。。。
それもかなり深い所まで言及してる。。。ありがとうございます。

うーん、、ちょっと話は逸れますけど、私の思ってる事、書き綴ろう
かしら。。。

>人間が定義出来ない物は、存在しない
その定理は、ちょっと前に流行りました量子力学の話にもありますね。
”観測者”といわれる者が不確定事実を収束させない限り、
存在はしていない……と。(コペンハーゲン解釈)
京都の竹藪の中で風がざわざわと竹を揺らす音を聞く者が居なければ、
風は吹いていないし竹は揺れて居ないと……
(参照:シュレーディンガーの猫)

>99.9%人間と同じ思考をするAIが創れるようになったとして……
何処かの記事にありましたけど、AIには”自己の認識”が出来ないそうです。
云うならば哲学的思考?
『我思う、故に我在り』と云うのは昔の人の言った言葉ですが、
コンピュータでも”再帰命令”と云う物がありまして、
数式を入れ子の様にして自分で自分を解くプログラム(言語)もあります。
しかしながら、コンピュータには哲学的思考は出来ないのですよね。。。
……それが”心”と云うものと何か関係があるのかな。。。

ちょっと逸れますが、科学(物理)と哲学の違いは、確定されるかされないか
と聞いた事があります。最初に話した量子力学で、シュレーディンガーの猫の
話が出てきたのは、量子力なので死んで居る/死んで居ないと云う不確定
要素があってはいけないと云う話。。。それがあるなら、その学問は、
量子力になってしまう訳です。(まぁ、こじつけで収束はされてますけどね)

AIは、科学的思考は出来ますし、再帰命令もこなしますが、哲学的思考は
出来ないのではないかなぁ。。。
全てコンピュータによって解明出来るようになった時点で、心と云う不確定
要素が消える(=存在しなくなる)のかなぁ。。。

この不確定要素と云う物が厄介なものなのですよね。
それによって人生が楽しくなると云う楽天的な考え方も出来ますが。。。

ちょっと面白い話をしますと、将棋と云う日本のゲームがあります。
これをコンピュータに、全て、最終手迄思考させる事が出来るとすれば、
(Min-Max法で全ての盤面を読み切ったとすれば)ゲームをする前に勝ち負け
が決まってしまう(或いは千日手になるか)と云うお話。
将棋と云うのは、人の思考範囲が限られるので、
お互いのミスを突くゲームであり、全部の局面が読み切れれば、
それは『先手必勝・後手必勝・千日手』しか存在しないと云うお話です。
(ちなみに麻雀とかは無理ね。必ず同じ局面になることが無いから。
洗牌の時に操作すると云うのなら話は別ですが(笑))

……複雑な物程、話がややこしくなるのです。
三目並べなら、手数が少ないから、まず負けないでしょ?
(ウォーゲームと云う映画で、コンピュータが三目並べをするシーンが
ありましたね。やってた目的って何でしたっけ?)

全てが確定要素ばかりなら、誰も間違えずに道を歩む事が出来るのですが、
世の中、不確定要素(或いは限りなく確定しにくい物)ばかりなので、
道を誤る者が出てくる……

尤も、るささんも書かれている通り、確定(したと思われて居る)
”当たり前”とか云う言葉とか、”一般的”と云う物は、世の中の処世術
であり、それが正解であると云う事は全く無いのですけどね。
……でも、耳を傾ける必要は十二分にありますけどね。

若いと云う事、幼いと云う事は、不確定要素をブラックボックス化
(処世術で”目をつぶって見ないことにする”)出来ない事であり、
それを少しでも解明したいと思う事だと思います。
だからそれは、良くもあり、悪くもあるのだと私は思います。
(安保闘争を起こしたのも学生ですしね(=若い)。
まぁ、あの頃から、メディアが煽り立てて居たと云う事実・
一億総白痴化を生み出したと云う感は拭えませんが、
しかしながら、そのような事を差し引いたとしても、
学生達の純粋さ、世の中を何とかしたいと云う想いは、確かに
若くないと出来ないと思います。
私も、学生の頃は、人の下宿に遊びに行っては、朝まで討論してましたよ。。。
(勿論、安保問題じゃないよ、私ゃ、そこまで年寄じゃないよ(汗;))
お互いの思考をぶつけ合い、物事を収束に導いて行くのは、なかなかに
気持ちの良い物です。(お互いに信頼し合って居ると云う前提が
ありますけどね。)久しぶりに、このような取りとめの無い話を、私も
書きましたよ。。。

……まぁ、こんなことを書いている私も、社会に入っている人間では
ありますけど、まだまだ幼いですね。。。

ちなみに、コンピュータ・AIは、若く、幼く無いので、
このような思考は出来ないと思います(笑)

※上記の文章中、一部不適切な用語を使用して居りますがお許し下さいませ。

すごい!
こんなにしっかり返答いただけるなんて
面白いわぁ
親も含めて、私のリアル知人は誰も
こういう話しても、
「偉そうな事いってないで、可愛げないよ」
って、聞いてくれないのですよね
有難う御座います

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mzb.blog13.fc2.com/tb.php/43-f44039eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Copyright(C) 2003 Gravity Corp.&Lee Myoungjin. All Rights reserved.
Copyright(C) 2003 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Copyright(C) 2001-2006 GUST CO.,LTD. / 2006 BANPRESTO
HTML Copyright(C) 1997-2008 MZ-b./Alicia.(K.Tsuchida.)

MONTHLY

ALL ARCHIVES

全タイトルを表示

APPENDIX

アリシィア/MZ-b.

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

SuppoTail

-さぽているリンク-
ゆえにゃんの那由
夏夜さんのハルウ
白葉さんの小雪
-セーフモードリンク-
(長期休止中の方)
さつきさんの悠華

Arcana Collection

Friends List


■ ブログ名:蛆蟲の巣窟

■ ブログ名:私立るさ研究室

天下茶屋-別館と姉妹提携する

LINKS

不器用貧乏-フォーリアさん

天下茶屋-別館をリンクに追加

RSS(XML1.0)

SEARCH

Amazon Search Box

Amazonで検索
Amazon.co.jp のロゴ

ADMIN

  • 管理者ページ