2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『if』の世界-君と僕のアシアト

又、blogの更新が止まって広告が出始めたので、
お茶濁しに、私の気に入ってる本などの紹介を。


君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研究所〜4巻

細かいストーリーやネタバレは書ききれないので、
私の思った事をつらつらと……

『事実』と『真実』の違い-真実を突き詰めると解釈が拡大する。
君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研究所〜4巻 p.92-93


……なかなか面白い解釈だと思います。
量子力学の世界なら『エヴェレットの多世界解釈』と言ってしまう所ですが、
別に、この『物語』は、純SFな話では無いですしね。

最終巻、エンディングは、人によってはどう捕らえ、どう読み切るか、
分かれる所はあるのかも、ですが、通してみてみると、
全くSFでは無い『人と人の人間模様』の書かれた物語……
読んだ感じは、私の一番好きな『So What?(著:わかつきめぐみ)』を
彷彿とさせる内容(そういえば、あれもタイムマシンなお話でしたね。
しかも、作ってる理由もお茶目でしたし。)

ハッピーエンドを望む人は、このエンディングをどう捕らえるのかは
解りませんが、『So What?』と同じ様に『元ある世界に帰る』と考えると、
これも妥当なのかな、と。

-でも、その『元ある世界』を思う心が、
わかつき流とよしづき流は、少し違いがあるのかもしれません。

私的に感じるのは『ふるさとは遠きにありて思ふもの』。
なくなったり、うしなったりするから、回想する事が出来る訳で、
それが『在る世界』では、そのような事は感じないだろうな、と。
……そう云った事を気がつかせてくれる良いお話だと
私は思います。

関連記事

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

追記。

「ふるさとは遠きにありて思ふもの/そして悲しくうたふもの」
この詩についても色々解釈がありますが、
恋慕であっても憎悪であっても私は良いと思います。

『君と僕のアシアト』の中でもありましたが、
「仮に憎まれ、嫌われたって、十分幸せ」なのではないかな、と。
(6巻p105~travel.39 世界の矯正)

そこに『それ』があること。それに気が付く事。
ものが無ければ、あるいはあり続ける物にはなかなか
気が付かないもの。
それを思い描き、存在できると云う事は『幸せ』なのではないかと。
……とにかく、そんなお話。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mzb.blog13.fc2.com/tb.php/276-bc1f6aa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Copyright(C) 2003 Gravity Corp.&Lee Myoungjin. All Rights reserved.
Copyright(C) 2003 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Copyright(C) 2001-2006 GUST CO.,LTD. / 2006 BANPRESTO
HTML Copyright(C) 1997-2008 MZ-b./Alicia.(K.Tsuchida.)

MONTHLY

ALL ARCHIVES

全タイトルを表示

APPENDIX

アリシィア/MZ-b.

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

SuppoTail

-さぽているリンク-
ゆえにゃんの那由
夏夜さんのハルウ
白葉さんの小雪
-セーフモードリンク-
(長期休止中の方)
さつきさんの悠華

Arcana Collection

Friends List


■ ブログ名:蛆蟲の巣窟

■ ブログ名:私立るさ研究室

天下茶屋-別館と姉妹提携する

LINKS

不器用貧乏-フォーリアさん

天下茶屋-別館をリンクに追加

RSS(XML1.0)

SEARCH

Amazon Search Box

Amazonで検索
Amazon.co.jp のロゴ

ADMIN

  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。