2017-06

別の意味で-今と相反する未来へ

(以下、かなりの私論を書き連ねます。自分と考え方が違う、或いは異端で不快に感じる言葉も
出て来るかもしれません。そのような事を見たくない・感じたくない・受け入れられない方は
読まないで下さい。比較の為、少し意図的に、ネガティブイメージで書いてある箇所もあります。
実際の所、筆者はそこまでは思っては居ませんと前述しておきます。)

私はプロフィールにもありますように古くからネットに係わって来ました。
サービス業で、時間不定期な人間が、いわゆる『5時からの人』と交流するには、
ネット上のBBS(電子掲示板)を使うと云う手段でした。
そこには、人の時間を気にしつつ、その人と会話する『最良の方法』と云う物がありました。

時間と空間を越えた感覚に、その当時は、ある意味感動した事を覚えて居ます。


世の中に携帯と云う物が此処まで流布して、いつでも・どこでも繋がれる様になりました。
しかし、そこに展開されている未来は、本当に『人と繋がって居る』のでしょうか。

私が未だにMixiを主に置き、FacebookやTwitterに移行し切れない理由、
又、ICQやMSN(現Skype)を主に置き、Lineに移行し切れない理由、
その辺に答えがあるのかな、と。

私は、FacebookやTwitterやLineと云う物はBANの文化だと思うのです。
入り口は誰でも入れる場所だが、嫌ならBANすると云う。
そこには、BANされた人の気持ちは入らない(だからBANするのでしょうけどね。)

MixiやICQ・MSNはJoinの文化だと思うのです。
最初は閉鎖的空間で一見さんお断りの様な風体だが、入会審査(?)みたいなものがあり、
お互いの納得の上での交流が始まる。勿論、BANもあるだろうが、それも理由が解っての
物だから後腐れは無い(と、思う。)

あと、ICQ・MSNは(基本)オンラインで無いとメッセージは送信されません。
基本、受信者に権限があるシステムだと思います。

携帯やLineは、人が何処に居ようとpush型で何処でも追いかけて来ます。
こちらは相手がどのような状態か把握出来ないまま会話が進行してしまうのです。

従来の家電や、ICQ・MSNは、pull型と云う事になるのでしょう。

Twitterは垂れ流しですね。配信したら読んでると認識されて進んでしまう。
そこに相手の存在は見えて居る様で見えて居ない。

私が変に気を使い過ぎてしまうのは、古い文化を知って居る…いわゆる『スマート』では
無いから、と云うのも(勿論、それだけでは無いですが)一因でしょう。


話は少し変わりまして、Auさんの未来展開な電話のムービー。



これを逆説の逆説に考えると『携帯しない携帯』。
このムービーでは逆の意味で携帯に縛られて居る(携帯に使われて居る人間)描写的ですが、
逆に『携帯して無いから受けられない(=受信者に権限を持たせる)システム』にも
なり得ないかな、と。何処でも手に入るから持たない、と云うのも良いですね。
逆に緊急時は何処でも手に入る。

確かにpush配信は便利ですし、私も多々恩恵にあずかってます。
しかしながら、此処までの便利さは必要なのでしょうか。
必要な機能のみ携帯出来る(不必要な機能は携帯しない)便利さがあれば、又、未来は
変わって来るのでしょうか。

私でも、自宅にNASがあり、ネット上にクラウドもあるのですから、必要な時に必要な情報は
手に入る訳ですから。

皆が秒で縛られて居る現在だからこそ、多少の『あそび』は必要なんじゃないかな、と。

まぁ、要は使い方、なんですけど、ね。クスリは反対から読めばリスク。


追記:【A.U.F.L./au未来研究所】(http://aufl.kddi.com/index.html)、結構面白いです。
Webから携帯で発信とか、携帯に着信があったりと、最近の映画館で試作されていた
4Dみたいな感じで面白いです。
技術は技術として人に豊かさや驚きを与える面白い物ですし、Webとリンクさせて此処までの
事が出来るんだな、と云うのはかなり驚き。

まぁ、最近、この手のAR(拡張現実)市場と云うのは、色々楽しいですけど…ね。
コンピュータやスマートフォンを『使う』未来は歓迎ですが、『使われる』未来は遠慮したい
ですね。
関連記事

テーマ:au - ジャンル:携帯電話・PHS

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mzb.blog13.fc2.com/tb.php/263-e36b8905
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Copyright(C) 2003 Gravity Corp.&Lee Myoungjin. All Rights reserved.
Copyright(C) 2003 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Copyright(C) 2001-2006 GUST CO.,LTD. / 2006 BANPRESTO
HTML Copyright(C) 1997-2008 MZ-b./Alicia.(K.Tsuchida.)

MONTHLY

ALL ARCHIVES

全タイトルを表示

APPENDIX

アリシィア/MZ-b.

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

SuppoTail

-さぽているリンク-
ゆえにゃんの那由
夏夜さんのハルウ
白葉さんの小雪
-セーフモードリンク-
(長期休止中の方)
さつきさんの悠華

Arcana Collection

Friends List


■ ブログ名:蛆蟲の巣窟

■ ブログ名:私立るさ研究室

天下茶屋-別館と姉妹提携する

LINKS

不器用貧乏-フォーリアさん

天下茶屋-別館をリンクに追加

RSS(XML1.0)

SEARCH

Amazon Search Box

Amazonで検索
Amazon.co.jp のロゴ

ADMIN

  • 管理者ページ