2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イースはやっぱりイーッス。

…って、言い古された冗談は良いとして。今更ながら、
やり掛けの『YsOrigin~イース・オリジン~』をやってみる。

昨日に引き続き、ファルコムの話題…やっぱり音楽が良いのですよ、うん。

…そういえば、ここ暫く、殆ど、コンシューマーゲームやってなかったなぁ、と。

確かに忙しかったのもありますし、超大作と云われる長い物は、
(長時間連続でプレイする為、少しだけプレイと云うスタイルが取り難い為)
息抜きに不適と云うのもありますが、MMORPG等のネットワークゲームをやっていると、
PCゲームって、私の場合、全くしなくなりますね。

元々、単調な『敵を叩く』と云う”操作”より、人と話してる方が好きで、エモーションや
ジェスチャーの為にアバターを操作すると云う事が好きな私は、ネットに誰か入ってるなら
そっちで歓談(?)してた方が楽しいのです。

誰かがinしているのなら、レベル上げも、そう、苦ではありませんが、長期に亘って誰も
inする事無く、レベル上げが只の”作業化”してしまうのなら、ネットゲームより、
コンシューマーゲームの方が、よっぽどまし、と云うだけの事です。

やり掛けのYsOrigin、流石にYsの名を名乗るだけあって、レベル上げより、昔のYsで云う
半キャラずらしの様なアクション性が、かなり高いゲームに仕上がってます。
ギミックも、かなり複雑になってまして、昔のYsユーザはほくそ笑む所が多いんじゃないかな。
(マスク・オブ・アイズとか、邪なリングと聖なるプロテクターで相殺させたりとか、風や
地の魔法を併用したりとか……)

それに、やっぱり、音楽が良いのです。

私は先にCDを買って居まして、どんな曲(元々、1987年版のYsの曲なので、
どんなアレンジに仕上がってるか、ですね)が入って居るのか解って居ますので、
それが、どのシーンで使われて居るかを聴いてみたかった、と云うものがあります。

Today Music:
http://www.wakaba.com/mzb/mp3/DREAMING.mp3">
YsOrigin『DREAMING』

特に好きだったのが、1987年版のYsでは未使用曲だった『DREAMING』。
凄く気になってたのですが、『ラドの塔・空中梁』でしか使われないのですね。
1987年版のYsでも、レアが閉じ込められて居ましたが、今回も健在だったり(笑)。
…やっぱり良い音楽だなぁ。。。

YsOrigin-ラドの塔・空中梁

『DREAMING』って曲名ですから、夢見の石像とか、塔外部で鳴る物かと思ってましたが
……まぁ、ラドの塔も、塔外部と云えば塔外部かぁ。。。
関連記事

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mzb.blog13.fc2.com/tb.php/225-ad93721e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Copyright(C) 2003 Gravity Corp.&Lee Myoungjin. All Rights reserved.
Copyright(C) 2003 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Copyright(C) 2001-2006 GUST CO.,LTD. / 2006 BANPRESTO
HTML Copyright(C) 1997-2008 MZ-b./Alicia.(K.Tsuchida.)

MONTHLY

ALL ARCHIVES

全タイトルを表示

APPENDIX

アリシィア/MZ-b.

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

SuppoTail

-さぽているリンク-
ゆえにゃんの那由
夏夜さんのハルウ
白葉さんの小雪
-セーフモードリンク-
(長期休止中の方)
さつきさんの悠華

Arcana Collection

Friends List


■ ブログ名:蛆蟲の巣窟

■ ブログ名:私立るさ研究室

天下茶屋-別館と姉妹提携する

LINKS

不器用貧乏-フォーリアさん

天下茶屋-別館をリンクに追加

RSS(XML1.0)

SEARCH

Amazon Search Box

Amazonで検索
Amazon.co.jp のロゴ

ADMIN

  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。