2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根本的問題……

今日は、少しお堅いお話……本日の新聞ヘッドラインから……

「常識から外れている」 連合会長がマクドナルドを批判』(2008年02月17日asahi.com)
(http://www.asahi.com/national/update/0217/TKY200802170175.html)

……少し、大人気ない稚拙な事を書かせて頂きます。

事の結果を見て言うのは誰にでも出来ると私は思います。でも、何故、このような事が
起こって居るのか、誰も調査する気が無いのではないかとも私は思います。
前々から『過労死』等話題に出て、出た瞬間はマスコミも取り上げ民衆が踊りますが、
いつのまにか、うやむやにされてしまっている……今現在『過労死』と云う話題は、
かなり無くなって来ている-これは流行語として終ってしまうのですか?

……元々、飲食業種、それも対面加工販売業種で、ハンバーガー1個100円で提供出来る事
自体がおかしいのではないかと思わなくもないのですが。。。
冷凍食品のハンバーガーや、山崎パン等のデリカ販売のハンバーガですら、
100円以上するのに、何故、対面販売で100円で出来るのか……

勿論、ポテトやドリンクで荒利を稼いで居るのは解ります。他のセットメニューで稼いで居るのも
解ります。でも、それにしても、あまりにも安過ぎませんか?

-高いと売れない-確かにそうです。
ただ、私達消費者も安さの感覚に麻痺してしまっているのかもしれません。
一度、値下げ合戦をしてしまったものは、下げるのは簡単でも、
上げるのは何十倍もの苦労が伴うものです。
どこかにしわ寄せがあるものと思います。それがこの結果なのかもしれません。

-食の安全-某餃子のお話で、また、クローズアップされましたが、もう、根本的解決の
出来ない所まで来ているのではないでしょうか……

私が、いつも書いていますが『RagnaroKのB級ホラー』(http://mzb.blog13.fc2.com/blog-entry-57.html)
このような事は他人事ではないのです。たかが”ゲームの中の話”であり、
”たわいのない曲解”ですが、私的には十分起こり得る・起こって居るのでは無いかと
思います。

小手先の是正で改善されても、根本的な考え方自体を改善しないと、
結局、仕事が増えるだけで、又、別の問題が浮上してくるだけなのではないかと。
……もしかしたら、文明のスピードに、ヒトが追いついて居ないのかもしれませんね。

……でも、私も”今を生きる為”理不尽と解って居ても大衆に流されて
実務をこなして居ますけどね。
根底まで突き詰めると、私も生きていけないと思いますから。。。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mzb.blog13.fc2.com/tb.php/148-f1c0a47f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Copyright(C) 2003 Gravity Corp.&Lee Myoungjin. All Rights reserved.
Copyright(C) 2003 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Copyright(C) 2001-2006 GUST CO.,LTD. / 2006 BANPRESTO
HTML Copyright(C) 1997-2008 MZ-b./Alicia.(K.Tsuchida.)

MONTHLY

ALL ARCHIVES

全タイトルを表示

APPENDIX

アリシィア/MZ-b.

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

SuppoTail

-さぽているリンク-
ゆえにゃんの那由
夏夜さんのハルウ
白葉さんの小雪
-セーフモードリンク-
(長期休止中の方)
さつきさんの悠華

Arcana Collection

Friends List


■ ブログ名:蛆蟲の巣窟

■ ブログ名:私立るさ研究室

天下茶屋-別館と姉妹提携する

LINKS

不器用貧乏-フォーリアさん

天下茶屋-別館をリンクに追加

RSS(XML1.0)

SEARCH

Amazon Search Box

Amazonで検索
Amazon.co.jp のロゴ

ADMIN

  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。