2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

献血70回記念……

此処に書く文章100件目(blog-entry-100)は、献血の話題-表彰のお話。

KEN-KENさんとのコメントの中で私が、
新制度でも70回目に何か下さるそうですが、半年過ぎた未だに連絡が無い
と書いてましたが、忘れた頃に小包が届きました(笑)。
献血70回記念-銀色有功章
これ、何故時間が掛かるのか解りました。
正式に表彰式が行われて、その時でないと発行出来ないのね。。。
表彰式が年一回だから、長い人で『一年以上何の連絡の無い……』と云う話になってたのね……

新表彰制度なので、盾無しでグラスのみです。

……盾のほうが、記念-有功章っぽくって良いのだけどなぁ、、、(汗;;
コメントに書いてますが、旧制度中に50回達成予定だったのですが、その時風邪気味で
体調が悪かったので……(汗;

まぁ、記念品の為に献血している訳ではないですけどね(汗;

次は100回記念かしら?
……それにしてもKEN-KENさん、凄いですね。>通算451回
KEN-KENさんは、何故、そんなに献血をされているのかしら?

私……私は、知人に強制(?)されて移動献血車で200mlが最初です。
もう、10年以上前ですね。その時は、まだ学生でした。
……うーん、、折角なので、私の献血歴も兼ねて、ちょっと長いお話をしましょうか……
以下、長文注意です。しかも、ちょっと暗いです(汗;

その時は、何かのフェア(確か、市の健康フェアか何かだったかしら?)で、
献血した人に、イベントの飲食サービス券とか色々配ってたのでやった記憶が…(汗;
知人に後押しされたのも理由ですね。最初は、流石に注射針刺されるのは怖いです。
……初めての体験でしたが、それ程体調が悪くなる事も無く
「献血ってこんなものなんだなぁ。」と云うイメージでした。

次にやり始めたのは図書券とかお菓子・飲料目的かしら?(汗;
献血ルームがビルの2Fにあり、細い上り階段が13階段みたいに見えた記憶が(汗;
……この頃はまだ、「誰かの為にする」と云うイメージでは無かったですね。
ただ、暇があって手頃な休憩場所として使ってたイメージですね。

献血ルームで休憩中、献血ノートと云う物があって、それを見ていると色々な
書き込みがありました。遊びでやってる人、女性の人で何度もチャレンジしている
のですが比重が足りなくて出来ない人、100回、200回越えてる人……
その中で、パソコン通信(もう、10年以上前ですから。。。)やってる人も
居まして、Nifty-Serveの中で個人的にHP(ホームパーティ)を開いてると云う事で
メールのやり取り後、入れて貰って交流する事に……

その頃から、「役に立ってるんだなぁ……」と云うイメージと、
「1人じゃないんだなぁ……」と云うイメージがあったとおもいます。
それからネット内で大きな広がりがあり、献血のOFMにも何度か参加し、
(勿論、献血のOFMですから、献血Rに団体予約を取り、午前中献血、
夕方飲み会と云うちょっと変わった(?)OFMです。)同じ趣味を持つ
交流仲間と云う感じでやっていた感じがします。

献血がライフワークになったのは、そこの一書込から……
勿論、パソコン通信上ですから、Circular OSAKAよりも、ドナーと患者さんの
接点は近いです。特に、自由に動けない人にとって、パソコン通信は外の人と
自由に交流できる唯一の手段にもなりますし。。。
ハンドルネーム『治』氏も、そういう患者さんの1人でした。(名前出しても大丈夫ですよね?)
……皆さんから”さん付け禁止”とされ、治っちの愛称で呼ばれていたと思います。
克明に書き込みが有り、
「今日は10単位の物だったので、(身体の拒否反応が無く)調子が良いです」とか、
「今日は薬が無く2単位×5で受けたので、しんどく、タイプするのもやっと」等の
書込みもあったとおもいます。
そういう書き込みを見ると、成分献血も、かなり役に立ってるんだなぁ、と
思ったりしてた訳です。(成分献血は1人のドナーから10単位取れるので、
かなり”効率の良い”献血と言えます)

……それだけであれば良かったのですが、いつかは終焉があるもの。
そこのボードオペからの突然の書込み『……通夜に参列してきます。』

……やっぱり信じられないですね。つい先日まで(ネットの中で)会話して、
OFMでも逢った人が、そして、まだまだ若いのに……

……それからかな?自分が健康であるから献血出来る訳で、機会があれば
やろうと思い始めたのは。
……尤も、今は暇が無く、体調も疲れ気味なので、あまりしてませんが……

今月は会社に献血車が来てましたので400mlしましたが。
でも、これで2ヶ月は出来ないかしら。。。
(全血は成分と違って次回献血可能日迄の間が長いのです。)
冬場は全血も足りないそうなので、今月は2度も、献血車が
会社に来てました。
……私は、必要なら、成分では無くても、勿論、協力致しますよ。
関連記事

テーマ:献血 - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

はじめまして

自分は何とか今年中に70回です。
昔は成分をやると2回分はんこがついたので
長年やってる人はとんでもない回数になってます。

あっ、はじめましてー。

こんにちは、こちらでは、はじめましてです(笑)。
……実はBlogの献血関係のテーマで検索した時に、
何度かそちらのBlog、お邪魔してました(笑)。
……FC2で、献血テーマで書かれてるBlogは、
意外に少ない様子ですね(汗;

献血は争い事では無いですし、回数を競う物でも無いのですが、
自分のやって来た事として振り返ってみると、感慨深い物があるのかも
しれませんね。

はい。上にも少し書いていますが、私も、単位数の多い成分献血に、
すぐ移行したので、私も1回で3回分はありますね。>回数。
それでも、500回は凄いと思いますね。>KEN-KENさん
(実は全血と違って、成分は次回献血の為に置く期間が短いので、
余分に回数こなそうと思えば、こなせるのですけどね。)

ミュジニーさんも、一つの区切りとしての70回記念、頑張って下さいませ。

沢山のコメントありがとうございました。

自分の場合、きっかけは高校に来た献血車ですね。
授業に出なくて良いって言われてそれなら!って感じでした。
最初は全血中心にやってたんですが
いつの日からか成分を御願いされてそれ以来ずっと成分です。
昔は盾とかバッチだったんですよねえ。
バッチはドコカに行っちゃいました。
献血OFMって凄いですね、呑むんですね...
ではでは

献血…

一回だけやったかな。
理由は、献血手帳があると優先的に輸血を受けられるから。

…その後輸血の方が遥かにされてるんだよねーorz
ドナーの人とは、看護学校に居たので色々話をしたりしたけど(実習で)、
昨日まで元気に騒いでいた子供が、
翌日にはいないと言うこともあったよ(小児病棟専門だった)。

自分が大事な人がそうなったら、
自分の血が使えないのは凄く悔しい。
献血できるって凄いよ。回数より、それができるって言う事実が凄いよ。
健康大事にしてね。

遅(血)レス御免なさい……

ミュジニーさん>
>献血OFMって凄いですね、呑むんですね...
慣れない方は献血後は呑まないで下さい(笑)。一応、飲酒や重たい物を持ったりとか
長湯は、禁止事項に入ってますね。……血行が良くなり過ぎるからかしら(汗;>飲酒
私達は……6時間程度開けてますしね、皆さん、無理はしませんから。
……そういえば、赤十字広報課の人と呑んだ事もありますよ(笑)。

真生さん>
こちらでははじめましてです。
>理由は、献血手帳があると優先的に輸血を受けられるから。
今は、そういうの無いのですよね。大昔(?)には、採血と供給記録欄がありましたが、
昭和57年「献血手帳」の一部様式変更で、供給記録欄の削除があり、優先的に
受けられる特典は無くなりました。。。と、いいますか、真生さん何歳なので?(汗;
……そういう私も、何歳に視られているのか謎ですが(汗;;

>…その後輸血の方が遥かにされてるんだよね
確か、今の献血基準では、輸血を受けた人からの採血はしてないはず。。。
……残念です(ぇ
まぁ、献血出来るのは、心身共に健康な証と思えば、それだけで誇れる事なのかも
しれませんね。

今の日本の制度だと献血者(ドナー)と受給者(レシピエント)の輪って、中々
生まれないのですよね。(提供者・受給者は非公開の為)
でも、そういう一端を見た人、携わった人は、私と同じ事を思うのでは
ないかしら、と思いますね。真生さんも私と近い事を書かれてますしね。
……そういう意味では、私も(あまりしたい事では無いですが)得難い経験を
したのかもしれません>昨日まで元気に騒いでいた子供が、翌日にはいない

>回数より、それができるって言う事実
>健康大事にしてね。
うん、それが第一なのですが、仕事と云う戦場の第一線で戦ってると、ふと、
病気して、ベッドの上で休息も悪くないかも……とか、頭を過ぎったり
するのですよね。現実逃避であり、無い物ねだりなのですけどね。
……肉体より精神のほうを安定させるのが難しい……ですよね。
ある意味、私にとって成分献血と云うのは、1時間程の、
携帯電話の呼び出しから解放され、病院のベットの上での休息の
実現なのかもしれません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mzb.blog13.fc2.com/tb.php/100-3ad89e7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Copyright(C) 2003 Gravity Corp.&Lee Myoungjin. All Rights reserved.
Copyright(C) 2003 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Copyright(C) 2001-2006 GUST CO.,LTD. / 2006 BANPRESTO
HTML Copyright(C) 1997-2008 MZ-b./Alicia.(K.Tsuchida.)

MONTHLY

ALL ARCHIVES

全タイトルを表示

APPENDIX

アリシィア/MZ-b.

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

SuppoTail

-さぽているリンク-
ゆえにゃんの那由
夏夜さんのハルウ
白葉さんの小雪
-セーフモードリンク-
(長期休止中の方)
さつきさんの悠華

Arcana Collection

Friends List


■ ブログ名:蛆蟲の巣窟

■ ブログ名:私立るさ研究室

天下茶屋-別館と姉妹提携する

LINKS

不器用貧乏-フォーリアさん

天下茶屋-別館をリンクに追加

RSS(XML1.0)

SEARCH

Amazon Search Box

Amazonで検索
Amazon.co.jp のロゴ

ADMIN

  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。